読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑いと統計学をつまみに日本酒と献血を楽しむ人が書くブログ

お笑いについて思った事を書きます,統計学・プログラミングについて勉強した事を書きます.美味しいお酒を見つけたらメモがてら書きます.献血ルームに行ったらメモがてら書きます.

僕が献血を好きになった理由を考察してみたら,真面目になってしまったというお話

献血と私

何を隠そう私,献血ジャンキーなんですよ.

 

ジャンキーです ジャンキー.

 

こんなこと言っていると

「ヨタヨタのジャンキーどもになめられてたまるかよ 俺達ァ健康優良不良少年だぜ」by 金田(AKIRA 第一巻出典)

 

なんて言われながら金田にぶん殴られそうですけども.

 

 

AKIRA分からない人は本屋かAmazonに買いに行ってください.

もちろんブックマークした後に.

 

ブックマークした後に!!!

 

大事なことなので2回言いました.

 

 

分かりやすく言うと,三度の飯より献血してた方がいいんじゃね?人間なんですよ.

 

もっと分かりやすく言うとただの献血好き20代男子なんですよ.

 

 

ぼく同様献血好きの人なら体験していることだと思いますが,

こういうこと人に話すと「献血の何が好きなの??変態なの??マイノリティー気取ってんの??自己紹介で注目されるがために言ってんでしょ??センス良いぶってんじゃねぇよ」

 

って言われますよね?

 言われますよね??(賛同を得られなそうだったので念押しで言ってみました)

 

うーーーーん.

何だか勘違いされてますね.

 

でもぼく自身献血好きな理由をあんまり考えたことなかったので

このブログを始めるにあたって考えてみました.

 

 

僕が献血を好きになった理由

1. 漫画が読める

2. ジュース飲み放題

3. アイス食べれる

4. 看護師の方に優しくしてもらえる

5. 社会貢献できる

6. 健康診断してもらえる

7. 自己紹介で注目される

 

 

 

社会貢献という一番大切な項目が後半に出てくることは気にしないでください.

 

やましい気持ちで献血してると思わないでください.

結局「自己紹介目当てかい!」とか思わないでください .

 

嫌いにならないでください.

 

私のことは嫌いになってもいいのでブックマークしてください.

 

 

 

この献血カテゴリーを書くことの目的

はい

まあそんなことは置いといて,これ以上効率的な趣味他になく無い??

 

と思うわけですよ.

 

こんなにも一度に多くのことを経験できる時間というのも,

なかなか無いですよね.

 

 

何より本人は楽しみながら人の命を救えているということです.

 

確かに針をさすため,痛みは伴いますが,そんなの些細な痛みです.

 

 

人の命を救うために献血というと,重々しくなりますが.

実際僕的には,そういうことを気にせずとも,「十分楽しめる空間だよ!」って言いたいです.

 

お菓子が食べれてジュースが飲めて漫画が読めて会社の自己紹介でもネタにできて……

ついでに人の命を救える!

 

こんな感覚でもいいと思います.

結果として救えていることに変わりはないですから.

 

 

ふざけたブログにしようかと思っていたのですが,最後に真面目になってしまいました.

反省です.陳謝します.船場吉兆なみの心のこもらない謝罪をしてあげます.

だから許せ.

 

 

うん.今後は「人の命」という観点よりも,単純に「献血ルームの楽しさ」に焦点を当ててこの献血カテゴリーを書いていきます.

 

このブログの読者のうち一人でも,「なんか楽しそう!!!献血ルーム行ってみようかな!!!」

って思ってくれたら幸いです.

 

 

 

どうぞよろしく.